商品 未分類

【裏技】ルィ・ヴィトンのバックを4万円以上安く正規店で修理する方法

スポンサーリンク

ルィ・ヴィトンのポケットが劣化してベタベタしてきたのを、修理したい。正規店に持っていくと、超高いので、諦めた。

でも、変な修理をすると、価値が下がる。

このような悩みを解決する方法を調べました。

この記事を書いた人

ゆういち

・ブログ3年目 執筆記事 1000記事

・月最高PV 147万PV アドセンスだけで月収37万円

・転売実績 月商110万円 利益15万円

物販の転売歴があり、ブランド転売マスターズの阪本優さんから仕入れた情報で、非常に信憑性の高い情報になります。

ヴィトンの正規店と同じ修理レベル

画像みるのが一番かと思います。

ナイルの修理画像です。

 

さらに、ブロワの画像はこちらです。

 

ブランド業界の鑑定のプロがみても、修理したことがわからないほどで、とても価値が上がります。

信じられないかもしれませんが、本当です。

では、この修理を、ルイヴィトンの正規で行うとどうなるのでしょうか?

ルイヴィトンの正規店では63000円です

こちらも調査した証拠画像をご覧ください。

ヤバいくらい安いですね。

修理の状態ですが、

料金は格段に違いますが、巷の修理業者でも、これくらいの値段でできるようです。

ただ、調べたところ、その修理業者の修理では、劣化したベタつきの部分をとるために別の素材を使うので、ルイヴィトンとしてのブランド品の価値はなくなります。

だったら、正規店に出すしかないというのが、通常な概念です。

では、本当に、この修理は本物なのでしょうか?

この修理がホンモノであれば、タイトル通りに正規店に出すのと同じ価値なので、4万円以上安く修理する裏技と認定できますね。

本物の修理である3つの理由

ブランド市場ではねられたことが1度もない

ブランド市場というのをご存じでしょうか?

古物商許可証をもったブランド品を転売するプロのオークションの場です。

そこには贋物を流通させると、信用のかかわるので、贋作をチェックするプロの鑑定員がいます。

この修理をした商品を出し、1度も贋物扱いされたことはありません。

一般の巷の安い修理屋では、ブランド市場に出すという概念がありません。

なぜなら、正規店と同じように修理ができないからです。

素材が特別だから

修理する素材を見せてもらうことができました。

特別な企業秘密の素材だから、渡すことはできないと言われました。

画像をアップしますね。

ココで、ちょっと気になって聞いてみると、

「この素材でポケットのベタつき部分を修理するということは、この色に合うものでないと、修理できないのですか?」

「はい。そうですよ。」

ですから、この色に合う修理できそうなものがあれば、直接聞いてほしいと言われました。

無料のお試し修理?

一般の利用者にはしていないのですが、企業様には、お試し修理をしているようです。

つまり、絶対的な自信があるから、実施しているということのようです。

このサービスがあるということは信頼していいのではないでしょうか?

企業様に対してのお試し修理なので、もし、企業が修理に納得しない場合はどうなるのでしょう。

修理に納得できない場合は理由を問わず、その商品を仕入れ価格で買い取る

素晴らしいいです。

裏技で修理する方法を利用するには

この修理ができるのは阪本優さんとハヤシさんだけのようです。

阪本さんは、今は別の事業をされていて、阪本さんの教えを引き継がれたハヤシさんに頼むしかないようです。

ハヤシさんも企業様との取引をベースに行っているので、基本的に一般の方の修理は受けていないようです。

ですが、ここまで読んでいただいた方に、特別に招待させていただきます。

このブログの最後にLINE登録をおいておきます。

そちらから申し込んでください。

あなたがすることは次の3ステップです。

1.「ルイヴィトンのカバンの修理」のLINE登録

2.「ゆうのブログ」から来た と言って、アンケートの回答

3. ハヤシさんに直接質問をする。

 

 

なお、企業様である場合、1点無料お試し修理が可能であるかもしれません。

問い合わせをしてみてください。

企業様かの確認は古物商許可証の提示などで行う場合があるようです。

一般のユーザーの方であっても、63000円の修理が、18500円でできるのは超絶お得ですね。

https://lin.ee/RAwBW2e

 

 

 

スポンサーリンク

-商品, 未分類

© 2022 ゆうのお役立ちブログ